人生を変えるオススメの本「2020年6月30日にまたここで会おう 瀧本哲史伝説の東大講義」

「2020年6月30日にまたここで会おう 瀧本哲史伝説の東大講義」 瀧本哲史 著

この本は、投資家であり教育者でもある瀧本哲史さんが、2012年6月30日に東京大学で行った特別講義の内容を書き起こしたものです。

当日の会場の熱量がそのまま1冊の本に凝縮されています。

瀧本さん自身はエンジェル投資家として様々なベンチャー企業の立ち上げを支援しつつ、京都大学の教員でもあり、次世代を担う若者への教育に取り組んできました。

瀧本さんは教育者としては厳しい一面もある一方、日本の可能性、そして若者の持つ大きな可能性を信じています。

この特別講義でも主に20代の若者たちに向けて熱いメッセージを送り、社会の荒波を生き抜くための交渉力や自ら考える力といった「武器」を授けています。

このメッセージや武器は若者だけに限らず、社会を生きる多くの人にとって大変有用であり、大きな勇気を与えてくれるものだと私は感じました。

一読の価値があると思います。

果たされなかった約束

本書のタイトルとなっている「2020年6月30日にまたここで会おう」というのは、特別講義の最後に瀧本さんと参加者の間で交わされた約束です。

しかし、その約束が果たされることはありませんでした。

それは、2019年8月に瀧本さんが病気で亡くなったからです。

残念ながら瀧本さんと再会することは叶わなくなってしまいました。

でも、そこで話は終わりませんでした。

来る2020年6月30日に、特別講義のオーディオブック版がYouTube Liveで生配信され、最大同時視聴者数は3800名に到達しました。

コメント欄は視聴者からの大量の投稿で溢れかえり、凄まじい熱気だったそうです。

かつて特別講義を聴講した人に加え、生配信で初めて講義を視聴した人も含めて再集結し、瀧本さんの遺志は確かに受け継がれていたようです。

まとめ

以上、「2020年6月30日にまたここで会おう 瀧本哲史伝説の東大講義」の本について紹介しました。

本書には、未来を担う若者へ向けた瀧本さんからの熱いエールが存分に込められています。

それは決して若者に限ることなく、多くの人々の人生に勇気を与えてくれると私は感じています。

ぜひ本書を読んで、その熱い想いを、この手で感じ取ってみてください!

こちらの記事もおすすめ!